永久脱毛の方法とそれに伴う痛みについて

永久脱毛と定義できる施術方法は、現在はニードル脱毛だけですが、医療機関でのレーザー脱毛やエステサロンの光脱毛も時間をかけて施術を重ねていくことで永久脱毛と同じ効果を得ることができます。

 

永久脱毛の施術の痛みには差があり、特に刺激が強いと言われているのがニードル脱毛、そしてレーザー脱毛で、光脱毛は刺激が少ない方法と言われています。
ニードル脱毛は、プローブという細い針を毛穴に挿入して微弱な電流を流して、毛母細胞などの発毛組織を電気の熱によって破壊するもので、レーザー脱毛が普及する前は一般的に行われていました。毛穴に微弱の電流を流すために、強い痛みを毛穴の数だけ感じるので、医療機関では麻酔を使用することができます。

 

レーザー脱毛は、肌に医療行為で使用するレーザーを照射して発毛組織を破壊する施術方法ですが、ニードル脱毛に比べると刺激は少ないものの、毛抜きを使用した時と同様の痛さを感じるようです。光脱毛は、レーザー脱毛と同様の仕組みですが、レーザーより刺激の少ないフラッシュのような光を使用します。輪ゴムで肌を弾く程度の刺激を感じる程度でニードル脱毛やレーザー脱毛よりも刺激が少ないので、痛さを感じやすいデリケートな方に向いています。